ボランティア活動

 

「第8回 南区安全・安心なまちづくりフェスティバル」へ初参加

 

・日時:平成30年12月8日(土)、10:00~15:00

・場所:広島産業会館東展示館及び駐車場

 

今回、主催者側から、今年7月の豪雨災害で本会の避難所における「鍼灸マッサージ」の施術ボランティア活動が認知され参加となりました。参加団体は南区に関係する65団体で、警察・消防・各学校・各社会福祉協議会など多くの団体がブースにて普及活動を実施され、ステージでは、野球解説者の山内泰幸さんのトークショーや気象予報士の勝丸恭子さんによる「防災教室」が行われクイズ形式での問題提起などありました。

私達のブースでは、7人の施術者でベッド4台を使用して、15歳の女の子から年配の人まで48名の方に「鍼灸マッサージ」の施術を行いました。毎年来場されている方からは、初めて参加する私たちのブースに興味を持って頂き、掲示されているポスターを観覧され、実際に施術を受け、鍼灸マッサージを身近に感じて頂きました。

「自宅近くの治療院を紹介してほしい」「また受けたい」など多くのお言葉を頂き、今後も社会の1団体として地域に貢献していきたいと思っています。会員皆さんの参加を希望します。

平成30年度 第38回ひろしま平和マラソン 施術ボランティア 事業部: 川口真実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月3日文化の日、第38回ひろしま国際平和マラソンに、

本会では9回目となる鍼灸マッサージ施術ボランティアに会員24名で参加いたしました。

当日は、秋晴れで過ごしやすい1日となり、

ランナーの方は良いコンディションで走ることが出来たのではないかと思います。

マッサージ、鍼灸とも大盛況で受療者は計244名で、過去最多となりました。
私達、国家資格者の施術を受けられましたランナーの皆様、いかがでしたでしょうか?
施術を受けられた皆様からは、「すごく楽になった、鍼ってすごいね。」や膝の痛みでマッサージを受けた方から、

「全然違う、痛みがなくなった。」などの声を聞くことができ、初めて鍼を受けた方からは

「鍼のイメージが変わった」「今後鍼治療に通ってみたい」など、また「今年も受けに来ました」

「来年もまた受けます、楽しみにしています」と毎年ご利用下さる方など、毎年行うボランティア活動で、

「国家資格者の行う、安全、安心な質の良い鍼灸マッサージ施術」が、着実に多くの人に浸透していると思いました。

私達の施術で良い記録が出せたこと、そしてお体の不調が改善されたことを心より願っております。

私達は県民の皆様の健康の支えになるよう日々切磋琢磨しております。
今回の機会を機に是非ともお気軽にお近くの会員施術所をご利用頂ければ功を成します。

 

ボランティア活動にご参加頂きました先生方には

多くの方が待っておられるなか、笑顔を忘れず、

親切、丁寧な施術を続けられ、プロフェッショナルな精神には頭が下がる思いでおります。

どんな場所でも、どんな時でも、安心・安全な施術を提供できる先生方のご尽力は、

今後、災害時や他のスポーツボランティア活動でもご活躍が期待されます。

​今回の機会が、先生方のテクニックのスキルアップに繋がったと思います。

また、例年ボランティアに参加してくださっている、IGL医療福祉専門学校、

朝日医療専門学校の学生さん方にも、受付や誘導、施術補助などで率先してお手伝いいただき、

今回のボランティアを無事に終えることが出来ました。ありがとうございました。

当日は祝日にも関わらず活動に御賛同・御参加・お手伝い頂き、皆様のご協力により、今回もとても良い活動になりました。
 

今後も、県民に「健康に寄与する、安全、安心な鍼灸マッサージ施術」を普及していきたいと思います。

皆さんのご協力があり、ボランティア活動が成り立っておりますので、

今後も変わらぬご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

また皆様と業界発展・向上のため御一緒に活動できることを心より願っております。

 

(事業部副部長:川口 真実)

 

 

 

 

 

 

 

​​​

平成29年度 第37回ひろしま平和マラソン 施術ボランティア 事業部: 川口真実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                ↑鍼灸マッサージ師会、鍼灸師会、柔道整復師会3師会が集合して、竹辺会長より挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ↑鍼灸マッサージ師会の集合写真      ↑受付をしていただいた白衣の学生さん   ↑プラカードで呼び込み

 

 

平成29年11月3日天候に恵まれ、恒例の「第37回ひろしま国際平和マラソン」の施術ボランティアとして、今年は少な目の会員18名で参加いたしました。239名のランナーに施術を行い、腰痛・膝痛・足の痛み・肩こり等の症状に対する施術に、「楽になった」、「気持ちが良かった」等の言葉に、「少しでも役に立てて良かった」と思いました。

地元のIGLと朝日の各医療専門学校の学生には、受付や誘導等の業務をお手伝いいただき、学生さんの満足気でした。

 

大会終了後は恒例の3師会(鍼灸マッサージ師会、鍼灸師会、柔道整復師会)の懇親会を近くのホテルで行いました。
各専門学校の学生も参加し、学生さんからの質問コーナーを設けました。学生から「資格を活かして、 この業界で生き残るためには?」、「スポーツトレーナーになるために、学生時代にどのようなことをしておけば良いですか」、「学校以外の勉強はどのようにすればよいですか」、「施術の手の作り方はどうすればよいですか」等の質問に、各師会の先生方は真摯に返答しており、学生さんにとっても各先輩の話を聞けて、有意義な時間になったのではないかと思います。

 

今大会が安全に、有意義に終えることが出来たのは、ご多忙にも関わらずご支援をいただいた、会員の先生方のおかげだと感謝いたしております。来年以降も継続して良い活動が出来ますよう、皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

​​​

 

「第14回廿日市市・大竹市障がい者ふれあい交流スポーツ大会」ボランティア参加 

 

事業部 佐藤久剛・川口真実

 

 

9月16日(日)、廿日市市スポーツセンターサンチェリーで、

「第14回廿日市市・大竹市障がい者ふれあい交流スポーツ大会」が開催されました。

 

鍼灸あん摩マッサージ指圧師の免許を所持する会員ら11名で、

1名につき約10分~20分間の施術を行いました。

 

10時~14時半受付終了の4時間半で、施術を受けた人は70名

(マッサージ59名、鍼12名、両方受けた人を含む)でした。

 

症状は、五十肩、腰痛、膝痛、首・肩の痛みやこり、脚の浮腫みやだるさなど、多岐にわたりました。

 

マッサージや鍼を受けて、肩があがるようになった、腰が楽になった、膝がこんなに曲がるようになったなど

と喜んでおられるのを見て、ボランティア活動に意義を感じるとともに、

鍼灸マッサージの普及、県鍼灸マッサージ師会のPRにつながったと思います。

 

鍼灸マッサージボランティア活動は、会員の支援ががなければ実現はできませんので、

引き続き、会員の皆さんのご協力をお願いいたします。

※施術メンバー

佐藤久剛 山田健三 郷田大介 川口真実 藤原栄二 佐々木健二 赤谷昌美 秋本百合子 木村克 森下孝夫 髙野ともひろ

 

 

『第 13 回 廿日市市・大竹市障がい者ふれあい交流スポーツ大会』ボランティア参加 事業部: 佐藤久剛 川口真実

 

9月3日(日) 、廿日市市スポーツセンターサンチェリーで、

 

『第 13 回 廿日市 市・大竹市障がい者ふれあい交流スポーツ大会』が開催されました。

例年通り、本会は「はり・きゅう・マッサージ」の施術ボラ ンティアとして参加しました。

鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師の免許を所持する会員ら10名で、1名につき約10~20分間の施術を行いました。

10時半~14時半受付終了の4時間で、施術者を受けた人は80名

(マッサージ71名、鍼は24名、両方受けた人を含む)でした。

鍼が初めての方や、毎年施術を受けるのが楽しみにしている方も来られ、

鍼灸マッサージの普及、県鍼灸マッサージ師会のPRにつながったと思っています。

このような多くの人に喜んでいただけるボランティア活動は、少数でも会員の支援がなければ実施できませんが、

来年も継続していきたいと思っていますので、引き続き会員の皆さんご協力をお願いいたします。

​​​

  • Facebook Social Icon

役員ページ

事務局

  〒735-0007

広島県安芸郡府中町石井城1丁目5−29

当サイトをご覧いただくため、Firefox, Internet Explorer, Microsoft Edge 最新版ブラウザ環境を推奨しております。
 

※推奨環境下のご利用でも、OSとブラウザの組み合わせ、ブラウザの設定状況によっては表示に不具合が起こる可能性がございます。

 予めご了承くださいますようお願いいたします。