Image by Nguyen Dang Hoang Nhu

国家試験クイズ

合格ライン

はり師・きゅう師の国家試験は、合格基準点を満たせば、誰でも合格することができます。

定員数は設けられていません。

試験科目は、はり理論・きゅう理論、そして共通科目(西洋医学・東洋医学に関する理論)に分かれます。

共通科目は、事前に申請をすれば、2回受けずに済ませることが可能です。

したがって、ほとんどの方がはり師・きゅう師の国家試験を同時に受験します。

基本的には、4択のマークシート方式で出題されます。配点は1問につき1点で、170点満点です。

はり師・きゅう師どちらも170点満点中102点以上を採ることが、合格基準になります。

すなわち合格ラインは、60パーセントの回答率です。

さらに、共通科目で満点に近い回答率だったとしても、はり理論、きゅう理論が合格ラインに満たない場合は

不合格となります。また、どちらかの試験には合格して、一方で不合格にあるケースもあります。